H.I.S.広州

広州をもっと楽しく!H.I.S.広州へようこそ!

NAV

張家界・鳳凰4日間

仙境と称される『世界遺産・武陵原』と桃園郷と謂われる中国一美しい街『鳳凰』を満喫する旅

張家界・鳳凰4日間

  • 出発日: 2019年4月1日~2019年11月1日
  • 予約期間: 2019年4月1日~2019年9月25日
  • 商品コード:張家界・武陵源・鳳凰4日間 1-B

6,480~7,880

お問い合わせ

ツアーポイント


<br />
<b>Notice</b>:  Undefined index: packages_title in <b>/var/www/vhosts/his-china.com/admin.his-china.com/httpdocs/templates_c/a1d872a7ae39de245cda4006139e63553272bd66.file.packages.detail.tmpl.php</b> on line <b>201</b><br />
::ツアーポイント

ツアースケジュール

スケジュール
宿泊都市【食事】
広州白雲発、空路(直行)張家界へ。その後、車にて鳳凰へ。
(約3.5 時間)、夕食後、ライトアップされた鳳凰古城の夜景をご鑑賞。
夕【鳳凰泊】
午前:鳳凰古城観光
中国で最も美しい古城と呼ばれる鳳凰古城散策、銅像広場、沱江(だこう)遊覧船観光、河畔に立ち並ぶ古建築群(小説『辺城』の著者・沈従文故居、東門城楼、北門城楼、跳岩、虹橋)へご案内。古城の風景をお楽しみください。
午後、鳳凰古城→張家界へ(約4 時間)森林公園観光、「天下一素晴らしい峡谷、天然の山水画廊」と褒める金鞭渓散策を楽しみます。
朝 昼 夕【張家界泊】
【世界遺産】武陵源・張家界国家森林公園観光
終日:袁家界・【天子山自然保護区】観光へご案内。断崖絶壁に立てられた高さ326m もあるアジア一の露天観光エレベーター・百龍エレベーターを利用し、袁家界へ。そびえ立つ2つの岩峰をつなぐ天然の岩橋天下第一橋迷魂台へご案内。
その後、山頂のグリーンバスにて天子山へ。賀龍公園、御筆峰、仙女献花等の絶景スポットを散策。夕食は名物の竹筒料理をどうぞ。
夕食後、民族歌舞ショーの「魅力湘西」をご鑑賞(別料金)
朝 昼 夕【張家界泊】
宝峰湖・天門山(ロープウェイ+ガラス栈道)観光
有名なテレビ劇【西游記】の舞台となった奇峰群に囲まれる「空中聖湖」と言われる宝峰湖をご案内します。
昼食後、【天門山】観光へご案内。世界一長いロープウェイに乗り、天門山頂上へ、頂上の原始林と奇岩をご鑑賞したり、「東方の空中道路」天門ガラス栈道をご体験したり、トンネル内に建てられているエスカレーターに乗り、天門洞へ、絶景スポット天門山の風景をご鑑賞ください。夕食後、空港へご案内、搭乗手続き、空路にて広州へ
朝 昼 夕

ホテル

張家界・鳳凰4日間::ホテル価格表

お申込み注意事項

《旅行条件》◆利用航空会社:南方航空、中国東方航空、吉祥航空のいずれか。(空港諸税、燃油サーチャージ料別途必要となります)◆添乗員: なし。現地係員。◆最少催行人員:2 名※1名参加の場合、別途追加代金が発生します。◆食事: 朝3 昼3 夕4(添い寝の子供:朝0 昼3 夕4)◆利用ホテル:張家界/4 つ星:逸臣国際ホテル、武陵源賓館、天子大酒店、凱天国際酒店、錦天国際酒店のいずれか(指定不可)。張家界/5つ星:京武プルマン、青和錦江ホテル、サンシャインホテルのいずれか(指定不可)。鳳凰/4 つ星:天下鳳凰大酒店(主楼)指定となります。◆子供代金:上記料金ご参照。大人2 名と同室の12 歳未満の子供1名までとなります。子供の為のベッド、アメニティ等はございません。ただし、観光に含まれた昼食・夕食は料金に含まれています。ベッドご利用の場合は大人と同額。食事:大人と同条件。◆幼児様のご参加はご遠慮頂きます。◆減延泊不可◆当日の進行具合等により、観光の順番が変更になる可能性あります。◆フライトスケジュールは2019 年3 月20 日現在のものとなります。◆送迎および観光中は混乗観光となります。◆掲載写真は全てイメージなります。◆張家界風景区を観光する時、乗り合いバスを利用する場合があります。天子山ロープウェイは工事中のため、3 日目の観光は百龍エレベーター往復利用となります。◆こちらの商品は日本国籍の方を対象とした商品となります。中国籍を含め、外国籍のお客様のご利用の場合は、別途追加代金が発生する可能性があります。◆上記代金は、ツアー用の席を利用した場合の料金となります。航空券の空き状況により、追加料金が発生する場合があります。また早期割引適応期間内であっても空席がない場合には追加料金が発生致しますので予めご了承ください。◆観光中、お土産店へご案内する場合もございますが、強制するものではございません。

お問い合わせ

ページの先頭に戻る